理事長挨拶
沿革
協会概要
定款
アクセスマップ
HOME > 協会案内 > 沿革
 
沿革
2002年

1月26日 設立

2004年 横浜支部設置、東北ブロック本部設置
2004年~ 2006年 経済産業省推進プロジェクト「IT経営応援隊」事業を受託
2005年 関西ブロック本部設置
2006年

九州ブロック設置

SOHO(在宅就業及び個人事業主)会員2万人突破

2008年

経産省後援「情報セキュリティセミナー」開催

(米国よりケビン・ミトニック、東大の月尾教授の講演・参加者300名)

2008年 読売新聞と共同企画による「起業力診断」を実施し、1万人の応募。
2009年 北海道ブロック本部設置、四国ブロック本部設置
2009年 All About との共同による士業とSOHOのマッチングイベント開催、SOHOが起業についてのアドバイスを受ける。
2010年 北陸ブロック本部設置、四国ブロック本部設置
2010年 東京都ひとり親家庭等在宅就業支援事業受託
ダブルワーク、トリプルワークを余儀なくされるひとり親家庭等にITを活用した在宅業務ができるよう人材育成を行う。(5年間継続)
2011年 SOHO会員15万人突破
2011年 長崎県ひとり親家庭等在宅就業支援事業受託
2012年 甲府市ひとり親家庭等在宅就業支援事業受託
2013年 公益社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩と共同で中小企業庁 地域中小企業の人材確保・定着支援事業受託
(神奈川エリア、2年目に東京エリア追加)
人材確保に課題を抱える中小企業の採用支援策として、中小企業と大学生のマッチング(インターンシップ含む)から定着支援を一貫して行う。
2014年 公益社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩から「大学生インターンシップ促進事業」(東京都委託事業)を受託
100社の中小企業に対しインターンシッププログラムを提供し、250件のインターンシップを実施し、学生の就業力を向上させる人材育成活動を行う。
2015年 公益社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩から、前年度に継続してインターンシップ事業を受託。アクティブラーニング協議会設置。
春~夏のインターンシップとして、都内大学500名の学生を支援。インターンシップマッチングシステム「キャリアチャレンジ」を介して、上場~中小企業まで150社のインターンシップ受け入れを実施。
 
ページのTOPへ↑