理事長挨拶
沿革
協会概要
定款
アクセスマップ
HOME > 協会案内 > 理事長挨拶
 
理事長挨拶

当協会は2002年の設立以来、ITを活用した社会的なイノベーションの促進を目指して活動しています。

 

1.中小企業の経営におけるイノベーション

日本経済の基盤をささえるのは中小企業であることに間違いありません。

しかしながら中小企業は大企業に対比して、IT化が遅れており生産性向上の余地が大いにあります。中小企業にとって利用しやすい革新的なプラットフォームや、経営革新ツールが求められています。


2.人材育成、就業力向上におけるイノベーション

近年クラウドソーシングの普及により、ようやくITを活用した就業機会の創出が一般的になされるようになってきました。しかしながら、満足のいく収入が得られる層はごく一部であり、グローバルな競争もあって、相当のスキル向上が求められています。また、最近においては正規雇用に就けない若者が増えており、国家的に抜本的な人材育成の改革が求められています。


3.地域づくり、まちづくりにおけるイノベーション

地域創生本部の設置により、国を挙げての地方創生活動が活発になってまいりました。

インバウンド含めた観光客の誘致、地域産業や、産品の域外販売などを含め、地域における仕事の創造、雇用の創出が求められています。

 

 

これら分野において、我々は誰も手をつけていないイノベーション・ポイントを発見し、もっとも効果的な問題解決策を提示し、本質的な問題解決に取り組んでいきたいと考えております。
今後とも当協会のご支援のほど宜しくお願いいたします。

特定非営利活動法人 日本ITイノベーション協会
理事長   増山 弘之
 
ページのTOPへ↑