事業連携
HOME > 事業連携
 
事業連携

JITAは、企業が社会とより良い関係を構築し、公益と企業利益を両立させ社会的価値創造を実践することで広く社会に貢献する為に、NPO(JITA)と協働型パートナーシップを組むことを実践しています。

パートナーシップには、下記のようなものがあります。

  • ①公的事業の共同受注、および事業推進
  • ②実証実験、商品開発
  • ③商品、サービスの販売支援
  • ④インターンシップの受け入れや派遣
  • ⑤出向受け入れによる人材育成

協働型パートナーシップ


日本のNPOと企業の関係
日本にNPOが誕生して10年以上経過しましたが、日本のNPOは当初から社会貢献=ボランティアのイメージが強く企業におけるNPOとの関わりも資金提供や物的支援等のチャリティーとしてのものが主流でした。しかし、NPOの本場USA(米国)では企業とNPOが社会貢献的と経済目的を相互間で共有し、協働プロジェクトを実践する形で実現しております。JITAは、NPOとしての自立と新しいスタイルのNPOを目指し、社会貢献の最大化を図る為に、企業との協働型パートナーシップを構築しております。
 
ページのTOPへ↑